世界一周するときのWi-Fi事情

世界一周するにあたって、悩んだのが通信手段のこと。

Wi-Fiルーターを借りていくべきか?と思ったんだけど、調べたら1日あたり1500〜1800円ぐらいかかると…!ということは24日借りたら40,000円じゃないですか。高すぎる。というわけで却下。

某世界一周サイトの記事に「空港やカフェなどけっこういろんなところにWi-Fiがあるので、全然困らなかった」的なことも書いてあり、いろんなところでWi-Fiが飛んでるという情報も友人から得たので、まあ大丈夫だろう、と思って出かけたんですが。

ダメでした。

なんていうかバックパッカー的な旅行をしてるわけではなく、友達の家に泊まって待ち合わせして帰ったりと、いわば現地民的な過ごし方をしたというのもあるけど…

常時接続していないことの不便度が半端ない。

デパートにもWi-Fiは飛んでいる。一応。

たしかにショッピングセンターなどには必ず無料のWi-Fiがあるんだけど、(特にオーストラリアは必ずあった)だいたいがメールアドレスを入れて登録しないといけないんですね。なんかだんだんいろんなところにメールアドレスをばらまくのが不安になってきた。(途中から捨てアドを入れるようにしたけど)

あと、メアドを入れたりしたにもかかわらず、接続が不安定、ということは多々あり…。それに街なかでつながらないと、uberが呼べない。

こんなんやってられるか!

という感じです。なので、SIMフリーの端末を持っていって、現地でSIMカードを買って日本と同じように携帯を使えるようにする、というのが一番かしこいやり方かと思います。

絶対次T-mobileで買うわ

うろ覚えですがオーストラリアは5G12ドル、イギリスは1G10ポンド(three)、アメリカはアンリミテッド30ドル(T-mobile)などめっちゃ安いSIMカードを販売してます。空港にSIMカードのショップがあるところもあるんだけど、そこはかなり割高。街なかにあるキャリアのショップだとものすごくお得に買えます。

シンガポールは24時間しか滞在しなかったので、ドコモの「海外1dayパケット」を利用しました。通常は24時間30MB(!)という意味不明なぐらいしょぼいサービスなんですが、キャンペーン期間中ということでシンガポールは980円でつなぎ放題。何事ぞ。

SIMフリーの端末なんて持ってないよ!という方も、SIMロック解除できます。実際私はイギリスでSIMロック解除した…。やり方についてはまた別途記事で説明します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。