山の中の別世界、嵯峨塩館で温泉と贅沢な滞在を堪能

友人のFacebookポストの写真を見て、一目惚れした旅館に行ってきました。山梨の「嵯峨塩館」です。行ってからだいぶ時間が経ってしまいましたが、やっと記事を書けました。

訪問したのは2月の3連休。ずっと寒さが続いて、ちょっとだけゆるんだかな〜という日でした。お宿の最寄りは中央本線の甲斐大和駅というローカル駅。特急も泊まらないので、のんびりと鈍行で…

小淵沢行き…このまま乗っていきたい気も

うおードア開く時プシューっていう!久々や!

思わずめっちゃ写真撮る怪しい人に

駅で降りたのは私達のほかに数人ほど。全員が嵯峨塩館への宿泊客でした。

標高1,000mの世界へ

甲斐大和駅は無人駅でした

指定の時間の電車に乗っていくと、それに合わせて宿の人が迎えに来てくれます。車にぎっしり乗り込んで、一路宿へ…。「今日はあったかいですよ」と言われて「そうですよね」と言ったら、「マイナス7度ぐらいでしたから。最近ずっとマイナス13度ぐらいだったからね」と言われてびっくり!なんじゃそりゃ。

車はどんどん山を登っていきます。時間にして約20分ほど。あとで地図を見たら、駅から10キロは離れていました。

山の中にある一軒宿です

到着!

うおおおこのガラスの模様とかそそるわあああ

木の感じがたまらない…

雑然といろんなものが置いてあるけど、不思議と調和が取れているような…

古くて重厚な感じだけど、すべての場所が美しく磨き込まれています。

木彫りの「自販機」。たまらん

囲炉裏のお部屋も。ここでは食後にコーヒーのサービスがあります

贅沢な広さのお部屋

こたつが大きくて快適すぎた

お部屋に案内されてびっくり。広い!大きなこたつが置いてある部屋がたぶん10畳ほど。

ソファ側の部屋はレトロモダンな雰囲気

そして、ソファの置いてある部屋が6畳ほど。そして入り口とお部屋の間のスペースも2畳ぐらいある…。なんという贅沢なつくり。2人だとそれぞれぜんぜん別の場所にいることになります。笑

ここにも木がふんだんに使われています

お部屋のライトもいい感じ…。古い建物ですが、こたつとヒーターのおかげでポカポカ。とっても快適です。

遊歩道を散歩、そして温泉

海抜1,208m!そんなに上まで来ていたとは

宿の案内に「遊歩道と滝があって散策できる」と書いてあったので、ちょっとだけ外へ。気温2度、寒いです。

全部宿の人の手作り感が感じられて、とてもよいです

途中には休み小屋が。

こんにちは

びっくりした。木のうり坊です。こういった細かい木工細工が随所に。宿の方の趣味なのかな〜。

滝を目指しますが、雪しかないな…と思っていたら

滝は氷と雪に覆われているのではあるまいか

よーくみたら、対岸の坂のところがたぶん滝のようでした…。寒さで凍って、その上に雪が積もって滝がすっかり覆い隠されている。すごい。

冷えてきたので退散して、温泉へ。温泉はさすがに写真を撮れませんでしたが、源泉かけ流しで極上のお湯でした。唯一、ドライヤーのパワーがなさすぎてちょっと困った。笑

ボリュームたっぷりの夕食

夜ご飯の時間は決められていて、みんな夕食会場で一斉に食べるシステムです。とはいえ、机も広く他の人たちのことはほとんど気になりません。

イワナや豆乳鍋など、次から次へと出てきます

山梨の地ビールとワイン、地酒があり、これがどれも美味しい!腹12分目ぐらいになって大満足でした。

囲炉裏ってなんかいい

食後は囲炉裏でほっと一息。夜になったらまた雪が降ってきました。

暗がりに浮かび上がる感じがまた風情あります

2階吹き抜けから。立派な梁の上には森の住人が…

ご飯が消化してきたら、もう1回お風呂に入ってぐっすり。体が温まってほぐれて、本当にゆっくりと休めました。

朝からボリュームたっぷり

朝食もまた豪華。ご飯の友がいっぱい…。本当にすべてが美味しかったです。ちなみに朝食後にももう一度温泉に入って、堪能しつくしました。笑

嵯峨塩館の近くにほとんど建物がないこともあり、本当に静かにゆっくり過ごせる宿でした。2連泊して、ひたすら読書をする…という過ごし方もしてみたいかも。そんなことを思うぐらい、居心地の良さがたまりません。大人同士の旅行なら、自信を持っておすすめできる宿だといえます。東京圏からなら土日で気軽に行けるので、ぜひぜひ行ってみてください!

また違う季節に来たい宿です




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。