羽田空港プレミアムチェックインと、ANA国内線ラウンジ

ビジネスクラスで世界一周して、念願のプラチナステータスをゲット!したはいいものの、飛行機に乗らないとなかなかそのメリットは感じられません。早く飛行機乗りたいな〜と思っていて、やっとその機会がやってきました。

やっぱり空港ってなんかワクワクします

とりあえず無職(仮)なのをいいことに、沖縄に発つことを決めたのは1週間前。目的は野球ファンなら欠かせない、キャンプ見学です。2月上旬の平日ということもあり、マイルの席もかなり空いていました。

保安検査場も一瞬

ここの存在をほとんど意識したことがなかった

時間帯によっては保安検査場が混み合っていてけっこうイライラすることもありますが、今回からはここを利用します。「ANA PREMIUM CHECK-IN」です。

わざとひっそりしているのかもしれない…。

各保安検査場のそばにそっとあるこの入口。入るといきなり手荷物チェックのゲートがあらわれます。先客は1人のみだったので、サッと終了。ちなみに荷物を預ける場合も優先レーンがあるらしいのですが、今回は全部機内持ち込みサイズになったので利用しませんでした。

初の羽田国内線ラウンジ

人の出入りが多くて閉まっているところの写真が撮れなかった

ラウンジは保安検査場Cのすぐそばにありました。エスカレーターで搭乗口より上の階に上がります。入り口でQRコードをタッチしたら入場OK。たぶん航空券にステータスが記録されてるっていうことなのかしら?多分そうに違いない。

90度ずつずれてて、近くても気まずい感じにならないイス

ラウンジ内は広々としています。平日の昼前という時間帯だったからか、人もまばら。

ガチ仕事仕様の電源つきカウンターも

結局このタイプのイスにしました。もちろんコンセントあり。

椅子も選び放題。どこに座ろうかな…。

国内線ラウンジと国際線ラウンジの違いは、食べ物があるかないかということ。国内線ラウンジには「すなっくみっくす おつまみ」しかありません。なので外で買ってきたおにぎりやサンドイッチを食べている人もちらほら。

中途半端な時間でビールって感じではなかった

ドリンクは充実しています。泡まで出るビールサーバーもあるし…

焼酎の瓶があるのが毎回気になってる

ソフトドリンク、お茶もいろいろ。

飲み物が緑ばっかだ

思わず青汁を取ってしまった…。そしてせんべい好きの私にとって、このおつまみはほんと嬉しいです。

搭乗口の飛行機は尾翼しか見えないけどね

窓からは飛行機ビュー。

よく見ると頭の部分にクッションがついてる!

窓際の席はこんな感じになってます。見知らぬ人3人で並んだらちょっと気まずいかも。笑

満席ではないものの、けっこうたくさん乗ってました

プラチナステータスだと優先搭乗があるんですが、ラウンジでゆっくりしてたらタイミング逃しました…。しまった。まあでもだいぶゆっくりできたので、よしとします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA