チャンギ空港シルバークリスラウンジ【ビジネスクラスで世界一周 Day9】

シンガポールからロンドン・ヒースロー空港に行くんですが、今回はチューリヒでトランジット。なぜかというと、単にビジネスクラスの直行便がもう埋まってたからなのです。まあしゃーなし。スイス航空なんてこんな機会でもないと乗らないだろうしな~。

ビジネスクラスのメリットの1つに、チェックインがスムーズにできるっていうのがあるんだけど、フライトは深夜0時5分。そしてこの時まだ18時。

ガラガラというか開いているのか不安になるレベル

誰もいない。
でも係の人はいて(喋ったりジュース飲んだりしてたw)、チェックインできました。

保安検査場がない。搭乗口で検査する方式です

そしてさっさと出国してラウンジに向かいます。今回もシンガポール航空のシルバークリスラウンジを使うようにとのこと。

さすがの高級感

ゆったり座れる椅子がいっぱい

高級感ある入口を入ると、広い!さすがシンガポール航空のお膝元なので、しっかりしている感じです。

時間的に良かったのか?かなり空いてて、端っこの席を確保。実はほとんどの席に電源がないという罠が…。できたのがちょっと古いのかな?壁際の席はかろうじて電源があるので、そこに行かないと充電ができません。

シャワー室のアメニティ。これがパウダールームにもあります

まずは汗をかいたのでシャワーを浴びることに。シャワー室は3つあります。一応アメニティとしてマウスウォッシュ、ハンドクリーム、歯ブラシ、クシ、ボデイソープ、リンスインシャンプーがあります。

シャワーの水圧もまずまずで、さっぱり。服も熱帯仕様から北半球秋(冬)仕様に徐々に切り替えていきます…。

自分で注ぐ方式。あがるー!

好きなものだけとる

ご飯は普通の洋食と、エスニック風のメニュー、そしてなぜかそばがあった。思わずそばを取る。そして素晴らしいのが、タイガービールの生があること!ジョッキも冷えていて完璧です。うひあは。

日経新聞もあります。日本人もけっこういた印象。

シャワー浴びて食べて飲んで、ブログ書いてたら眠くなってきた…。実際トランジットが長い人も来ているので、普通に寝ている人がたくさんいます。たまにいびきがうるさい。(後ろの人がうるさすぎて移動したのは内緒)

ダラダラと23時前までいて、空港の端っこまで行ってようやく搭乗。ようやく持ってきた荷物の半分が役に立つ寒い地へ出発です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。