ハイティーとシドニーの街を満喫【ビジネスクラスで世界一周 Day7】

シドニー観光2日目。お家のそばのコーヒーショップでドリンクを買って、歩きながら飲みながら駅まで。Opalカードはなんと、日曜日だけ2.6ドルでどこまでも乗り放題なんですって!これは乗らないと損…(と言いながら1回しか乗らなかったんだけど)

めかしこんでハイティーに出陣

ビル自体がめっちゃかっこいいQVB

Town Hall駅で降りて、目指すはQVB(Queen Victoria Buildings)の中にある「the tearoom」。ハイティーしたいね!といって勢いだけで決めたので、予約なし…苦笑 でも10時開店で、10時過ぎに行ったら入れました。でもたぶん予約をしていったほうがいいよ!

こんな感じで行ってみた

2人ともワンピースでちょっとめかしこんで行ったのだが、デニムやTシャツの人もいてちょっと拍子抜け。「まあオーストラリアだからね」とはあきえちゃんの弁。国民性としてカジュアルなのね、ほんとに。

どっさりきた

オーダーしたのはスパークリングハイティー。通常のハイティー(紅茶とフィンガーフード)にプラスでスパークリングワインが1杯ついてきます。

それっぽい写真(上からの光がちょうどグラスにw)

朝10時からスパークリングワインを飲むなんて…なんて贅沢なんだw

前菜、サンドイッチ、スコーン(でかい)、ケーキ…まあ余裕でしょ、と思ってたらこれが恐ろしいボリューム。いやたぶん自分の胃が縮んだんだ。昔ロンドンのサヴォイに行った時はサンドイッチもフィンガーフードもお代わりしたはずだ。うう。と言いながらなんとか完食。近年まれに見る満腹度合いに…。もう吐いてしまいたいぐらいギリギリまできている

The rocksへ

建物がいちいちかっこいい

とにかく満腹なので歩かないといけない。ということで歩いて海沿いに。前の日はオペラハウスに行ったけど、この日はオペラハウスとは逆側のほうにきました。

The rocksはその昔、イギリス植民地時代に囚人が開拓のために連れてこられた入国管理局?があった場所なんだそう。古い建物がたくさんのこっていて、週末はマーケットが立ちます。

観光客がほとんどっぽい。人でいっぱい

美味しそうなレモネード(でも満腹だから無理)、アロマオイル、民族的なアイテム、アクセサリーetcetc…見ているだけで飽きません。

しかしここでトラブルが。

お腹が痛い。

足が痛い。

お腹が痛いのは毎月のことだがこのタイミングで来るとは…。そしてめかしこんできた仕様のサンダルで歩き回っていたから、靴擦れができてきた。ぐおおおお。でも歩かないとも言えん。うおー。とか思いながら見て回る、若干上の空。

ハーバーブリッジを渡ろうとする

がんばって歩くかという決意をどうにかする

ハーバーブリッジもすぐ近く。なのでちょっと渡ってみようよ、という話になり歩きだしてみる。オペラハウスがしっかり見えてきれい!おお〜いいね、と思っていたら(足が痛いけど)またここでトラブルが。

これぞオペラハウスっていう角度

あきえちゃんの足がすくむ。

このちょっと先でギブ

橋がコンクリートから鉄に変わったタイミングのところで、突然「無理」となって歩けない状態に…。本当は橋の脇の門?みたいなところまで行こうかなと思っていたんだけど、そのはるか手前でリタイア。まあ高いところは仕方ない…。

なんとか見つけたコンビニでバンドエイドを買うも、恐ろしく高いという痛恨のミス。ちょっと前に薬局に寄ってたからそこで買うべきだった…。

シドニーで一番高い場所へ

昨日の夜も見てたわ

シドニーの街の真ん中に「シドニータワーアイ」という建物があります。デパートのWestfieldからニョキッと伸びてるスカイツリーのような建物は、展望台&レストランになっています。

おしゃれな雰囲気にまとまっている…

タワーアイに登る前に、早めに夕飯を済ませようということで17時前にWestfieldのフードコートへ。ことりっぷに「高級なフードコートで他とは一線を画す」と書いてあったので、どんなもんよ、と思ったら本当に一線を画していた!

もうね、こういうものしか食べられないよね(ガッカリ

ゆったり取られたスペース、おしゃれな雰囲気、高級店の味をカジュアルに楽しめる…などなど面白い感じ。ワクワクするなーとか思いつつ、お腹が痛いせいでもううどんが食べたいよ、と思っていたら本当にうどんがあったw冷凍うどんのおかげで、ある程度の味を世界中で楽しめるようになったのは素晴らしいです…wちなみに鼎泰豊もあります。しかもけっこうお手頃。

世界のタワークイズ。スカイツリーでかい

食べ終わったらいよいよタワーアイへ。最初に4Dのシネマを見て、40秒ほどで地上290メートルに到達。

大型客船が出向していくところも見えた

すごい眺め!

オペラハウスは他のビルに隠されてあんまり見えないのが残念だけど…シドニーの街が本当に海に近くて、湾が内陸に入り込んできてるのがよくわかります。横浜みたいね。

ひたすら上から景色を見るの巻

タワーアイに登ったのは夕陽を見るためだったんだけど、この時まだ18時15分。登ってから調べたら、日の入りはなんと19時33分!暇や。しょうがないのでかわるがわるお互いの夫に電話してみたり(Wi-Fiが入ってビデオ通話もできるの素晴らしい)、水を飲んだり、展望台の中を10周ぐらいしたりする…。

じっと見てしまう(そして目に太陽のあとがつく)

で、やっと日の入り。雲一つない快晴で、西の山に沈んでいく夕陽を見られました。きれいだった〜。

人生初カジノへ

橋を渡っていく。ちょっとここも横浜っぽい雰囲気

あきえちゃんの夫ブレンダンのアドバイスにより、軽く飲むためにカジノに行くことに。なぜカジノかというと、IDチェックがあって変な人が入ってこないから、知らない街でも安心ということらしい。なるほど。空港のラウンジみたいなもんか…。

やってきたのはSTARというカジノ。ゴールドコーストにもあったり、チェーンのようです。しかし私パスポート持ってないや、と思って「日本の免許証でもいいか?」と聞こうとしたら「いや大丈夫、見せなくても」と言われて通された…要は18歳には見えないからってことですね。まあさすがに18歳には見えん。でも他の人は大人でも確認してたっぽいのに、そんなゆるゆるでいいのか。

本当にカジノだ(当たり前だけど)

ディーラーがいるテーブルやジャックポットなどを横に見ながら、スポーツバーへ。ビールを飲んでまったり話しているところにけいちゃんも合流。最後にちゃんと会えてよかった!

2人ともありがとう!

1日いろいろと歩いたおかげで、シドニーの街のつくりがだいたいわかりました。でも足は死んだ。本当に歩きやすい靴で楽しむことをおすすめします…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA