ボンダイビーチでサーフィン体験【ビジネスクラスで世界一周 Day6】

オーストラリア5日目。土日はまるまるシドニーで遊びます。

電車とバスを乗り継いで

ブラウニー、信じられないぐらい甘かった

朝はのんびりと起きて、歩いて10分ほどの電車の駅へ。
駅前に人がたくさんいるコーヒーショップがあったので、飲み物とブラウニーを買ってすぐ近くの公園に。まったりと朝ごはんを食べました。

仕事のインスタ投稿するあきえちゃん

空港が近いので着陸してくる飛行機もときたま見られて、なかなか贅沢な時間。

オーストラリアは住宅街にもカフェがあって、ついついお茶をする頻度が高くなってしまいます。オーストラリア人はコーヒーが好きらしい。

ピッてする。おなじみ感

電車にのるまえにOpalカードという公共交通機関で使えるカードを購入。なんとカード料金は無料!普通デポジットがかかるので、これは旅行者にも優しい感じ。日本みたいに駅で購入できず、提携のNewsagancy(キヨスクとかニューデイズみたいなお店)で買う必要があります。

2階は景色よくてたのしい

電車はなんと全部2階建て!

このCENTRALって字が昔のイギリスっぽい。

central駅で乗り換えて、T4路線の終点のBondi Junction駅へ。

思わずこういうの撮る。やっぱり公共交通機関のサインがきになる

さらにバスに乗り継ぎ、ビーチに向かいます。

余談ですが海外に行くたび、公共交通機関に共通で乗れる(乗り放題できる)カードがかなりの頻度で販売されてます。日本はsuica、pasmoを使えるけど、乗り放題とかはなし…。(JR、メトロはあるけど)私鉄もめちゃくちゃ分かれてるし、これって海外からの観光客に全然優しくないよね、という話に。2020年のオリンピックまでになんとかしないとやばいよね…。

ボンダイビーチに到着!

20分ほどバスに揺られて到着!Bondiと書いて、ボンダイと読む、らしい。ボンディじゃないのね。オーストラリアの発音はときどきアメリカ英語とは違うのでおや?と思ったりもします。アボリジニ語由来の地名もあるらしいし…と思ったところで日本も北海道とか、沖縄とかそうだよな…と思い当たる。

絵になる感じ

なんか街がおしゃれ!建物はだいぶ古く、よくみると1900年台初頭に建てられたとおぼしきものもたくさん。古くからのリゾート地で、あきえちゃんいわく「熱海みたいな感じ」っていきなり違うよイメージがwww

白い砂浜、青い海…たまらない。

海にはとにかく人がいっぱい!広さといい、人の多さといい、どうも江ノ島みたいな感じもありますね。

ボンダイビーチの東側(North side)にあるLer’s go surfingで今日のメインイベント、サーフィン体験をします!

陽気なガイドとサーフィン

ここでシドニーでワーホリ中のけいちゃんも合流。3人で体験開始です。ウェットスーツに着替えたら体験開始!今回は我々だけのプライベートレッスンで、担当してくれるのはジャスティンです。

写真を撮ってくれるサービスもあります

まずはボードの仕組みなどを簡単に解説。

思った以上に水が冷たくてうわあってなる

5分ほどの講習の後はどんどん海へ。水が冷たい!!!みんな水着で入ってるけど、かなり寒いと思うんだけど…。

ちょっと腰引けてるけどちゃんと立てました

私は9月に江ノ島でサーフィン体験をしていたので、それも思い出しながらやったらすぐ立てた!ひゃっはー!

しかしとにかく波が大きい。波打ち際に行ってから、少し深いところまで行くまでがとにかく大変です。波に飲まれるし…。とにかくどんどん何回もやろう!というスタイル。この粗さがオージーっぽいw

水に入ると疲れるけど、運動して心地よい疲れ。やっぱりもっとサーフィンうまくなりたいなあ…という気分になってきます。ちなみにガイドにハッシュタグ「#justinthebest」で投稿してって言われたwやらねばw

実は全員水着です

サーフィンの後は、シドニー中心部に戻って観光。続きます〜




2 件のコメント

  • カッコイイね。水が冷たかろうが、シドニーの綺麗な海でサーフィン出来れば何でもよいにゃ。
    気持ち良さそう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。