羽田空港国際線ANAラウンジ【ビジネスクラスで世界一周 Day1】

ついにこの日がやってきてしまった…!旅行すごい好きなのに一人旅(海外)だと出国の直前になってチキンになりますこんばんは。

結局荷物がめちゃくちゃ重くなって、トランク(大)は28.5kg、ボストンバッグは5kgとか何入ってるんだお前状態。羽田空港に行くまで汗だくだった…というか、そもそもうちが2階なので、玄関に荷物を下ろすまでが一番大変だったよちくしょうめ。

というわけで羽田空港に到着。

ビジネスクラスチェックイン

ANAのカウンターはDとEの2ヶ所なのですが、なんとDの面は全部ファーストクラス・ビジネスクラスオンリーチェックインです。エコノミーだとEの側に並ばないといけないので、ものすごいアドバンテージです。ストレスなくチェックインが終わり、どんどん出国。保安検査場がめっちゃ空いてて、やってないのかと思ったよ…。

シドニー便は110番ゲートと言われましたが、ラウンジは110番ゲートの目の前にあります。これはラッキー!

ラウンジの中へ

エスカレーターで上がると、ラウンジに到着。「ANA LOUNGE」と「ANA SUITE LOUNGE」がありますが、私が入れるのは「ANA LOUNGE」のほう。SUITEはファーストクラスと、ダイヤモンドステータスの人しか入れないんだとか。

中に入ると落ち着いた雰囲気。一席ずつがゆったりしていて、あまり隣の人のことも気になりません。

実はラウンジに来たら一番何をしたかったかというと、シャワーを浴びてみたかったwので、とりあえず受付でシャワーの申込みをします。7番目の待ちとのことで、呼び出しボタンを渡されます。この間にサクッとご飯を済ませることに。

ご飯の場所からは強烈にカレーの香りが漂ってきますwこれはカレーを食べないわけにはいかない。でもヌードルバーも気になる…ということで選んだのがこれ。

炭水化物取りすぎィ!

いいんです、こんな時だから…(っていうのがこの旅の間続く気がする)

カレーは「めちゃくちゃ美味しいレトルト」という感じ。とんこつラーメンは一昨日本場のを食べたばっかりだったから、普通の麺で物足りなかった。でも全然美味しいです。ハーフサイズぐらいなのも嬉しいポイント。

日本酒もありますが、これを飲んで飛行機に乗ったらなんかやばそう…

超快適なシャワールーム

食べてちょっとPCをいじってたりしたらシャワーの順番が来ました。待ちは40分ぐらい。受付で搭乗券と引き換えにカードキーを渡されます。

じゃん!

ホテルのきれいなバスルーム、という感じ。しかし、前も人が使っていたはずなのに、水滴が一切ありません。きれいすぎる!日本人の技(?)に改めてすごいと思わざるを得ない。

タオルはバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの3種類。アメニティもしっかり揃っているので、本当にホテルのような感じです。

空港までにかいた変な汗(苦笑)を流して、さっぱり。

風呂上がりはやっぱりビールです。ラウンジのビールはアサヒだった。

そうこうしているうちに搭乗です。うおーついいこの時間になってしまった。機内編につづく。

 




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。