ANA・ボーイング787ビジネスクラスシドニー線 搭乗記【ビジネスクラスで世界一周 Day1】

ビジネスクラスに乗ると、エコノミーの人よりも早く搭乗できます。ANAの場合だと、最上級ステータスの「ダイヤモンドメンバー」の人が一番先。その後ファーストクラス、上級ステータスやビジネスクラス、介護が必要な方、赤ちゃんや妊娠中の人、などと続きます。

はじめて左に行くのでキョドる

せっかくの優先搭乗ですが、免税店とか見てたらビジネスクラスの人で一番最後の搭乗になったっぽい。でもずらりと並んだエコノミーの人より先に乗れるのは、気分的にめっちゃ楽です。

そして席はこちら!

布団の存在感たるや

ANAボーイング787のビジネスクラスは、交互に配置されていて全員フルフラットシートになる形式。うおお…足元が広い…

中身はハンドクリーム、リップクリーム、化粧水、歯ブラシ、アイマスク、耳栓

アメニティにはスリッパ、アメニティキット(ニールズヤードレメディーズのもの)、ベッドパッド、布団、ヘッドホンが備え付けられています。

全然伝わらないけどモニターの下に足を入れられるようになってます

そもそも席が広いので快適度が全然違うんですが、離着陸時にも足入れ(というんだろうか)のところに足を伸ばしておけるのはめっちゃ楽です。

酒めっちゃ弱くなった(そもそも一人で飲めないんだった)

搭乗すると担当のCAさんがわざわざ名前を呼んでくれて、挨拶してくれました。すごい。そしてスパークリングワイン、またはオレンジジュースのサービス。せっかくなのでスパークリングワインをいただきます。

サバのうまさよ

離陸してしばらくするとメニューが配られ、和食か洋食かを聞かれます。これからずっと海外だし…と思って和食をセレクト。ワインとか日本酒もあるっぽいんだけど、一人でガンガン飲めない…ということでお茶に。お茶も美味しかったです。

ご飯はサバがメイン。このサバがとにかく美味しい!定食屋さんで出てきても全然おかしくないです。エコノミーとこうも違うものなのか…。

離陸が22時ということもあって、食べ終わったらもう23時半ぐらい。映画を見つつ、フルフラットにしてうとうとしていたらあっという間に眠りに…。

席はフルフラットだけでなく、微妙に斜めにしたりとかでも止められるので、常に快適に過ごせました。何より後ろの人を全く気にしなくていいのが良いですね。

魔法のチケットや

しかも驚いたことに、入国カードと一緒に「エクスプレスパス」なるものを渡されました。これ、なんと入国審査時に列をショートカットできるという優れもの。こんなしくみ初めて見ましたわ。

いつのまにか眼下にオーストラリア

荷物もすぐ出てきて、エコノミーとの差をひしひしと実感。これはいいですね…。いっぱい稼いで、常にビジネスクラスに乗れるようになりたいものです。うむ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

旅好き、電車好き。現在バケーション中。webときどき紙の編集者。東京とハワイと沖縄と軽井沢をいったりきたりしながら生活するという野望。